Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

志月は誰か

 

 

 

f:id:black-koshka:20170609223720p:plain

「たった今、最後の授業が終わった。」

「もうヤクーツクで授業はない。」

 

 

 

 

f:id:black-koshka:20170609223717p:plain

「正直言って、ロシアにもう一年か それ以上いたい」

   「でしょうね。可能ならそうさせてやりたいよ」

「無理って分かってるけど!」

   「卒業後は自由なのだよ?(笑)」

「んんん… 考えとく」

 

 

 

 

 

ついに最後の授業も終わり、もう残りは2週間ほど。

名残惜しい。

ヤクーツクは、私にとっても特別な場所になりました。

 

北東連邦大学 ↓

f:id:black-koshka:20170609225216j:plain

極東ロシアの極寒の地に、自分の子供がお世話になるなんて...

本当にドラマチックなことが起こったものです。

 

 

 

ロシア留学のことが何も分からなくて、切羽詰まって始めたブログ。

これまでに、なんと、ヤクーツクに行ったよ!と言う方がいらっしゃいました。

ウラジオストックに留学中の方も。

モスクワとペテルブルグに留学した方。

長男の出発直前に、もうヤクーツクは寒いですよと教えてくれた方...。

 

すごいですね。

世界ってすごくないですか。

いつも読んで下さるみなさん、わざわざ検索して来て下さったみなさん、本当にありがとうございます。

 

ブログのおかげで、思ってもみないほど高い所まで来ることができました。

景色は最高です。

 

 

 

 

 

発作的に始めたこのブログ、タイトルも安直でした。

ヤクーツクって、みなさんご存じでしたか?

私はこの留学準備で初めて知りました。

black-koshka.hatenablog.com

 

 

 

 

ヤクーツク知名度は、かなり低いですよね。

それはどういうことかと言うと...

 

f:id:black-koshka:20170609230832p:plain

こういうこと。 

ヤクーツクに留学したい方の検索には、必ず引っかかってしまうでしょう。

検索に引っかかると言えば聞こえはいいですが、おそらく

知り合いにはバレやすい。

 

ブログを始めた当初、私は毎日のようにヤクーツクについて調べていました。

当然長男もそうだろうから、速攻でバレると思っていました。

ところが、予想に反して、そうでもないらしい。

今時の大学生にしては、ネットにうとい長男。

ヤツは全く気がつく気配がないのです。

 

そのうち有り難いことに、私と長男を応援してくれる読者の方が現れ始めました。

ここには多少の個人情報も書いてしまっていますが、勝手に書くのもどうかと思い、長男にはそれとなく伝えていました。

お母さんにはネットの中に友達がいて、留学の経緯を話している。みんなアナタを応援してくれているよ、と。

このままみなさんに、あなたがヤクーツクへ留学することを伝えていってもいいか?とも。

長男は快諾してくれました。

ネットの友人について、つっこんで聞かれたことは一度もありませんので、ブログを書いていることは伝えていません。

ですから、これまでこのブログと長男との間に接点は生じませんでした。

 

ところが、ここへきて。 

長男はなぜか、志月さんのTwitterアカウントをフォロー。

 

私がいつも長男とやりとりしているのは、私個人のアカウントです。

志月さんは別アカウント。

そして志月アカウントは、このブログと直結しています。

 

私は実生活で、志月の名を誰にも明かしていません。

まだ誰にもバレていないと思っている。

それをヤツはフォローしてきやがった。

と、いうことは...

 

 

バレたと思うのが当然でしょう。しかし、それにしてはあまりにもヤツは平然としているのです。

思うに、何となくフォローしてみただけで、ブログのリンクまでは踏んでないのかもしれません。私はブログを書いているとまでは言っていないのです。

そもそもネット小僧じゃないし、ツイートそのものも、おそらく見ていないような気がする。

 

Twitter にはオススメのフォロワーが表示される機能があって、何のアルゴリズムか知らないけど、似たような話題を扱う人が表示されて、フォローすれば?と言われるのですよ。

当然志月アカウントにも、長男アカウントがオススメ表示されることがありました。私は志月の名をカミングアウトしていませんから、うっかり長男をフォローしないように注意してきたのです。

 

長男は気まぐれに、そこで志月さんをタップしただけなのかも。

つまり、ブログもツイートも読んでいない。

 

 

いや、

いやいや、そんなことあるか~??

気付かずにフォローってある??

ミラクルかよ。

 

でも逆に、母親だと知った上でフォローしたとして何になる?

それ、楽しいの?

俺は気が付いているんだっていうメッセージ??

 

 

志月さん、家族ならピンとくるネタを Twitter に いくつかぶっ込む。

→ 長男、ノーリアクション。

 

くっ!

 

長男、きれいな景色の写真を送ってくれる。

→ 志月さん、鉄塔が映っていることにビビる。

 

くくっ! おのれ...

 

 

あるいはヤツは、

最初から私のしていることを黙って見ていたというのか。

いやいや、ないな。それはない。

さすがに何か感想とか言うでしょ。

 

 

聞くべき?

「ねえねえ、あんた志月さんフォローしたよね?」って聞くべき?

でも

「志月さんって 何のこと?」ってなったら...?

 

 

やぶへびじゃねーか。

 

 

 

どっちだ。

知ってて黙っているのか。

知らずにフォローしただけなのか。

 

 

ちっ。やりにくいったらねーな。

 

 

 

あのな、長男。わたしは確信しているよ。

 

鉄塔は偶然だよな?

 

お前は志月に気がついていない。

 

お前はここを見ていない。  

 

だろ??

 

そうなんだろ??

 

もし万が一 、志月が誰なのか知っているなら....

 

 

 

 

 

ここにコメントを入れてもいいんだぜ?

 

 

 

 

 

 

※長男アカウントへのサイバー攻撃等はご容赦ねがいます。(笑)

 

 

本性 [鉄塔写真]

 

鉄塔の写真を撮りに行きました。

何枚か載せるので、苦手な方は見ないで下さい。

自分好みだけど、キレイな風景写真ではありません。

ドン引きするかもよ。

 

写真を撮りに行く、という行為に慣れません。

自分は何をしているんだと思う。

しかも、鉄塔ですよ。

何だろう、もはや自分ではどうすることもできません(笑)

 

怖くて楽しくて、眩暈がしました。

撮ったのを見てみたら、あまりにも本性が出ている気がして。

写真って、文章みたいに本性が出るんですか...?

 

ひょっとして苦手な方がいるかもしれない場合、見たいと思う方だけに届けるにはどうすればいいのでしょう。

twitterも、フォローして下さっている方に強制的に見せてしまいますよね。(1枚流しちゃったけど)

 

インスタっていうヤツの出番か...?

後日考えます。今回だけ、こちらで。

 

 

f:id:black-koshka:20170527184839j:plain

 

 

 

f:id:black-koshka:20170527184808j:plain

 

 

 

f:id:black-koshka:20170527184823j:plain

 

 

 

f:id:black-koshka:20170527184814j:plain

 

 

 

f:id:black-koshka:20170527185532j:plain

 

 

 

f:id:black-koshka:20170527185541j:plain

 

 

 

f:id:black-koshka:20170527185518j:plain

 

 

 

f:id:black-koshka:20170527185845j:plain

 

 

 

f:id:black-koshka:20170527185833j:plain

 

 

 

 

 

 

 

覚醒と暴露

 

 

 

去年の春のことですけど、隣の市の植物園に行ったんですね。

そしたらまあ、写真を撮りますよね。

 

f:id:black-koshka:20170523230941j:plain

f:id:black-koshka:20170523230931j:plain

f:id:black-koshka:20170523230921j:plain

 

そりゃ撮ります。

たくさんの花が、とてもきれいでしたから。

 

問題はこれね。

 

 

f:id:black-koshka:20170523230909j:plain

f:id:black-koshka:20170523230901j:plain

 

同じ日、同じ場所での写真。

これが自分のiphoneのカメラロールに入ってるわけですよ。

 

 

自分、なんで撮った....?

 

 

幾度か写真を整理したはずなのですが、

なぜか消せずに残っているのです。

 

で、

今年の3月ですよ。

わざわざ出かけて行って撮った写真があった。

 

 f:id:black-koshka:20170524083634j:plain

 

きれいに撮れた~(^^)  

って思いました。早春 - 2017/3/10

 

 

それでさらに先月のことですが、

仕事で出かけた先が小さな変電所のすぐそばだった。

(1人ではなかったので、写真が撮れなかった。)

めっちゃ鉄塔立ってますよね。

ばりばり電線が走ってますよね。

そこでやっとです。

 

 あれ、鉄塔って、かっこ良くね....?

 

気が付いてしまいました。

なんで今まで分かってなかったんでしょう。

 

 

 

 

鉄塔がカッコいいって、なに?(笑)

我ながら訳がわかりません。

でもきっと、何となく気になっていたんでしょうね。

わざわざ写真撮りに行ったくらいですから。

でもそれに気が付いてなかった。

あれは景色を撮りに行ったんじゃなかったんだ。

鉄塔を撮りに行ってたんだ…(愕然)

 

 


自分の気持ちに気がついてからというもの、彼のことが気になって仕方がありません。(笑うとこ)

先週末はついに意識的に写真を撮っちゃった…
何かの一線を超えた気がした…

f:id:black-koshka:20170524224816j:plain

f:id:black-koshka:20170524223746j:plain


もうね、すげーカッコよくないですか?

佇まいがヤバい。

いや、わかっていただくなくてもいいんです。
なんかカッコいいの。

背景が必ず空になるところもいい。

 

次これ

f:id:black-koshka:20170524223755j:plain

 

f:id:black-koshka:20170524223804j:plain

↑ この二枚はね、
鉄塔と電線が遠くに向かってずーっと連なってる感がヤバいんです。

写真の上の部分が不自然に青いのは、フロントガラスの色。

 

で、次これですよ

f:id:black-koshka:20170524225116j:plain

f:id:black-koshka:20170524224823j:plain

↑ 電線が美しい!!

これもフロントガラスの色が入ってしまった。

高速道路で助手席から撮ったもの。

道路と鉄塔が並走している箇所がかなりあって、調子に乗ってたくさん撮ったんです。ほとんどボケたけど。

 

そう言えば...

私、電線の写真も過去記事に載せてたよ...

視点はだいぶ違ったけど。空の表情 - 2016/12/24

f:id:black-koshka:20161223215710j:plain

 

なにこれ、こわい。

いつの間に、そんなに気になってたの...??

 





ちょっと冷静に考えてみた。

この気持ちはおそらく…

7割ぐらいは恐怖のような気がする。

だって実際、かなり怖いのです。

大きすぎるものって怖くないですか?

恐怖のドキドキを、好きのドキドキと間違える、例のヤツだと思うんです。

だが…

だが、それだけじゃない。

有無を言わさぬ膂力と知性、圧倒的な機能美。

あれは文明を支える怜悧な神経です。

そしてその先にはなぜか、

安寧と荒廃が交錯する世界が見えてしまう。

欲望の象徴か、標的か、あるいは墓標か。

あの構築物は、美と混沌を内包しているんです。

地上には無数の狂気が配置されているんですよ。

俯瞰から一気に接近したいような衝動を覚える。

 

 

 



すてき (T_T)

 



書きながら気がついてしまった。

これは、好きな音楽に対する感情と同じです。

溢れてくる感情が同じだった。

鉄塔、プログレだわ。

ビルブラッフォードのドラムが聴こえる。

そりゃあ 気になるはずでしょう。

気が付かなくてどうしますか。

すごい答えを見つけてしまった。文章書くってすげーな。

 

 

変なものに取り憑かれたような気がしないでもないが、私には確信があった。

ネット上には、絶対に仲間がいるはず!

検索したら、あっさり いましたよね。

#鉄塔

怖くて美しい写真がたくさん投稿されています。

 

ちょっと見てみようと思った方に警報。

検索かけると出てくる写真の中に、本気で怖い写真があって...

あのね、人型の鉄塔があるんですよ、外国に。

腹の底から恐ろしくて、思わずタブレットを放り出すところだった。

あれは違う。あれはムリ。

大きいものが怖い方は本当に見ない方がいいと思うの。

本当に怖いの。夢に出るヤツなの。

余計に気になるって?

そんな方のために、責任を感じた私は絵を書きました。

 

f:id:black-koshka:20170524223733j:plain

こんなの。

これを100倍ぐらい怖くしたヤツ。

泣きそうになりながら書きました。シーシュポスかよ。

ホントに怖いの。怖いから小さく貼ります。

 

「鉄塔」で画像検索したらたぶん出てくるので心の準備をしてね?

苦手な人は検索しちゃダメだからね?

絶対検索しないでね??(笑)

 

 

 

 

あーあ、また変なこと書いちゃったよ。

でもこれがネットをやめられない理由で、

同じ目を持つ人、同じ耳を持つ人が、どこかにいるんじゃないか…

そう思うと、共感が欲しくて書いてしまうのです。

 

世界のどこかにいるんじゃないか。

出会えたら、乾杯したい。ウイスキーがいいかな。 

 

 

merry merry twitter

 

 

ヤクーツクから、珍しく私好みの写真が来ましたよ。

 

 

 

f:id:black-koshka:20170513160347p:plain

「今日は旅行で田舎の方に行ったんだ。」

 

 

 

f:id:black-koshka:20170513160346p:plain

「見よ」

「私の芸術作品」

 

 

 

おー、すごいじゃないですか。

ほめておきました(笑) 

f:id:black-koshka:20170514160937p:plain

「でも もうすぐ終わってしまう...」

 (T_T)

 

 

 

ホント、もうすぐ終わってしまいます。

淋しいなぁ。

 

 

 

ところで、LINEで写真送れないんじゃなかったの?と思いました?

そうなんです。

ロシアとのLINEは写真と動画がブロックされている状態。

これ、Twitterを使っています。もちろん、写真も動画もOK。

フォロワー(自分を読者登録してくれている人)に公開せずに、やりとりする機能があるのですよ。

Twitterはロシア様もブロックしてないもんね~。

ハラショー!!

 

 

 

 

 Twitterって面白いです。ブログと同じ仕組み。

好きな人をフォロー(読者登録)すると、タイムライン(購読中のブログ)にその人のツイート(一言ブログ)が順次流れてくるんですね。

写真や動画もツイートすることができます。

はてなブログTwitterは連携させることができるので、はてなで読んだ記事に感想をつけてツイートすることもできます。

スターやブックマークみたいな、「お気に入り」という機能もあるんです。

ただしお気に入りは一度しか押せないのです。はてな育ちの私は当初、なんで一回しか押せないの?もっと連打させて!!と思いました...

リプライ(コメント)もできて、流れの速いブログって感じですね。

 

だいたい「どうでもいいこと 」をつぶやいています。すみません。

感想というか、日記というか。

あ、ちょっとメモっとこ、って感じ。

 

 

 

 

はてなの皆さんや、カメラマンさんや、猫や、俳句を詠まれる方をフォローしています。 

毎日毎日、皆さんのつぶやきや、可愛い猫や、季節感のある写真、当季の季語なんかが流れてくる訳です。楽し過ぎる。 中毒になります。

 

 

 

先日面白かったやりとりがこちら。

いつもかまって下さる りんさん(id:miyamarin)からリプライをいただいたんです。

まず私が、流れてきたツイートに感想をつけて、アホなツイートをしました。

 

f:id:black-koshka:20170514160935p:plain

 

 そしたらこんな流れに...

 

f:id:black-koshka:20170514160934p:plain

 

f:id:black-koshka:20170514160932p:plain

 

 

 

文が長くなると、丁寧な言葉になってしまうのか...?

なんか、自分の中に「はてなモード」みたいなものがあるようだ。

そうだ、たしかにTwitterの方が地が出ている...!

 

いっけね。

このまま進むと、別人格が育ってしまうだろうか。

修正せねばなるまい。

 

例えば今日のはこうだ。

 

「なんで一回しか押せないの? もっと連打させて!!」

→「なんで一回しか押せないんだよ! もっと連打させろって!!」

 

「楽し過ぎる。 中毒になります。」

→「楽し過ぎか。中毒になるわ。」

 

...だな。

私は普段こうだろ...(笑)

 

 

 

 

うん、猫かぶってたね。

 

f:id:black-koshka:20170514231608p:plain

お気に入りのスタンプで今の気持ちを表現。

 

私の雑さは、皆様の想像をはるかに超えると言っておきましょう。

 

ちなみに私の id の blackーkoshka 、

「koshka」は「кошка」。

つまりロシア語で「猫」です。

 

 

 

 

 

目論見はずれる

 

長男が帰国の便のチケットをおさえました。

 

もう?

そう、もう、なんです。

9月から始まった一年の終わりが近づいて来ています。

もともと、授業は7月に終了の予定でした。8月は向こうも夏休みですからね。

ところが先日連絡があったところによると、留学生の授業を受け持つ先生が休暇に入るらしい。

それで、留学生は6月には授業が終了してしまうのだとか。

それでも時間が許す限りそちらにいれば?と思ったのですが、6月末でビザが切れ、それ以降の延長は認められないらしいのですね。

つまり、留学生活はもう残り2カ月をきったことになります。

 

 

f:id:black-koshka:20170505232822p:plain

 

「今、雨が降ってる!!」

「初めて見たよ」

ヤクーツクで」

 

貴重な残り時間です。

やっと春になったヤクーツク

雪は雨になり、凍った土も融けだしています。

 

 

 

ところで、私のささやかな夢は叶わぬことになったのです。

それは、帰国する長男を、家族で空港に迎えに行くこと。

いや、かなり楽しみにしていたんですよ。本当に。

 

ちょうど夏休みの頃だろう。

成田かな、新潟かな...

と思っていたのですが、長男の帰国は6月末。そして

平日。

がーん。ショック。

 

私も旦那もその日に休めるか...?

そして次男は学校を休ませるか....?

 

無理じゃね?

 

長男、電車で帰宅、決定の巻(笑)

ま、行く時も玄関から見送ったからね。

ふつーに「ただいまー」って帰ってくればいいか。

うん、仕方ない... 仕方ないよね... うう...(T_T)

 

そう言えば... 

これまで連絡をとるのに気軽に使っていたLINEでしたが、思わぬ横槍が入りました。

www.asahi.com

 

え...! と思っているうちに早速長男から

 

f:id:black-koshka:20170505233954p:plain

「なんかWi-FiじゃないとLINEができない...」

 

 

まじなのか!

ロシア、一体なにしてくれてんの。

 

どうやら今のところ、Wi-Fi環境下でならば、テキストとスタンプのみ送受信できるらしい。写真や動画はやり取りできない。

これ、どう捉えたらいいのか...

完全にシャットダウンされた訳ではないので、まだラッキーでしょうか。

まあLINEでなくとも、メールでもTwitterでも連絡はとれますが...

 

それでなくともきな臭い国際情勢の中、様々な動きに不安がつきまといます。

 

「不便じゃねーか!!おそロシア!!」

と笑えるだけならいいのですけどね...(^_^;)

 

安全に。

とにかく、何事もなく。

笑顔で帰ってきてくれれば、それでいいのです。

 

 

 

※ ※ ※

 

 

 

春の句をぐずぐず考えている間に、立夏が来てしまいました。

なんか春を追いきれなかった感じ。

桜吹雪と朧月夜は来年の宿題だ。

季を逸するとでも言いましょうか。

季節の巡るのは早いものですね。

(いや、句を考え付くのが遅いのか)

 

 

GW、我が家でも少しばかりお出かけ。

片道一時間ほどの市にある、そこそこ有名な神社に出かけました。

 

道中は良く晴れていて、山々の緑が鮮やかに光っていました。

 

f:id:black-koshka:20170505203502j:plain

 

鳥居をくぐって参道に踏み入ると、うっそうとした中にいくつもの木漏れ日が降り注ぐ、特別な空間が広がっていました。

世間と隔絶した感じ。

心が静まります。

 

f:id:black-koshka:20170505203446j:plain

 

f:id:black-koshka:20170505203457j:plain

 

f:id:black-koshka:20170505203452j:plain

 

 

ほんの半日のお出かけでしたが、とても楽しかった。

気分爽快でした。

もちろん「世界平和」を祈願してきましたとも。

 

 

 

 

 

【おまけ】

洗いたての靴履く朝や若葉風

空までもいざ伸び行かん山若葉

青空を塗り重ねゆく青葉かな 

木下闇げに神仏のおわしけり

早苗田の畔に休みし夫婦かな

 

 

 

 

 

4月のよしなしごと

 

 

日が沈んだころに外に出ると空に月が出ていて、

この時期らしくぼんやりとかすんでいる。

 

朧月、と思って

立ち止まってしばらく眺めてしまう。

 

だんだんに

離れている人のことが想われてきて、

どうしているだろうかと思う。

 

ポケットの中で握りしめていたケータイに

小さな振動があって、

暗い中に取り出してみると、

私の声が聞こえたみたいに 今まさに手紙が届いたところ。

 

少し肌寒い夜のことで、

ぽーん という優しい音と一緒に、

会いたい人からの手紙は

私の手の中にそっと飛び込んできて、

ほのかに光っていたのです。

 

あんまりタイミングがよすぎて、

まるで夢の中にいるような、

あるいは月の仕業のような。

 

この4月には、こうやって手紙を受け取ったことが二度まであって、とても不思議な気持ちになったのです。

 

 

 

「月と手紙」があまりにも自然にマッチして、

朧月で五七五を考え始めたけれど、このマッチングは伝わる気がしない。

暗がりで、手の中に小さい月が灯ったみたいだったのに。

ふみきたる

ふみ灯るや

降りくるふみや

手の中に灯りしふみや

あー意味わからん。説明文にしかならねーし。

 

 

 

 

 

たわいもないことなんだけど、

忘れてしまうのはもったいない気がします。

来年の春の朧月には思い出さないかもしれないし。

写真もないし、句もないし。

 

書いておくとすればここ以外にないのです。

 

誰にも話したくないのですが、みなさんは口がかたいから大丈夫。

 

 

 

 

 

ある日の兄弟

 

 

次男が中学に入学してはや2週間。

学ラン姿の初々しい次男君、毎日はりきって通学しております。

初めの頃どうしてもうまくはめられなかったワイシャツの一番上のボタンと袖のボタンも、ささっとはめられるようになりました。(笑)

 

いや、これがホントに難しかったみたいですよ!

特に右袖のボタン。四苦八苦しているのを横目に私は食器を洗っていたんですけどね、洗い終わってもまだやってるんですよ!

左手であの小さなボタンをうまくはめるっていうのが大変だったみたい。ちょっと微笑ましかったです。

 

 

桜の季節もすっかり終わってしまいましたが、少し前に、ヤクーツクにいる長男へも春の便りを。

 

 f:id:black-koshka:20170424081355p:plain

 

「おぉぉぉぉぉぉ」と返事が(^^) 

日本の春、どやっ。

 

長男によれば、ヤクーツクもだいぶ暖かくなってきたようです。

気温もやっとプラスの世界へ戻り、昼がどんどん長くなっているんですって。夜8時でも、まだ外は明るいんだそうです。

たしか冬の始まりの頃は朝の7時を過ぎても真っ暗だと言っていました。異国の季節の変化、興味深し...

 

暖かくなってきたおかげで、遠くへ出かけることが楽になって来たんだとか。バスに乗る回数もぐっと減ったそうです。歩いて出かけられる、ってことなのかな。

 

向こうからはこんな写真が来た。

f:id:black-koshka:20170424073419p:plain

 

「明日はこの祭りに行くよ!!」

 

日本文化の祭り

ヤクーツク市 村山市 と書いてある。

山形県村山市ヤクーツク姉妹都市

ヤクーツクにて、日本文化にふれあうお祭りが開催されたようです。さくらまつり、って感じ?。

長男たちはこのお祭りで折り紙や書道のコーナーをやったとのこと。

つーか、あんた、披露するほどの実力はないだろうに...

村山市の方に笑われないでね、と言ってやりました。

 

例によって詳細なレポートは一切ないのですが...(^_^;)

コスプレの若者たちも登場する、なかなかの盛り上がりだったとか。

やはりジブリエヴァンゲリオンの人気はすごいらしいです。

 

しかし...なんかこう...

もうちょっと情報が欲しいんだよ、長男...

 

 

※ ※ ※

 

 

この週末は、次男が珍しく本が欲しいと言うので、書店に出かけました。

学校で、朝、読書の時間があるらしいのです。

中学生に読んでほしい本はね...! 

と、口を出したくなるのをぐっとこらえるのが大変でした~(^_^;)

 

あれですね、今どきの中学男子、ほっとくとゲームの世界観を小説にしたものや、ライトノベルの方に行きますね。

最初に手に取ったのが、なんだかホラー的な殺人事件的なヤツで、母はドン引きしました。

え~っ!と思ったら、ちょっと首をかしげて本を棚に戻し、次は映画の原作的なコーナーへ。

しばらくして「君の名は」を持って来ました。

へぇ~。そうなんだ。流行ってるから興味あるんだね。

 

自分が中学生の時って、何を読んでたかな...

たしか赤川次郎が大流行していました。

あと、SFにはまってましたね。眉村卓とか。

やたらとハヤカワの文庫を読んでいたのを思い出しました。

なつかしい。

そんなことを考えていたら、次男は「君の名は」を却下し、最終的に「ハリーポッター」に決定したようです。

そだね、「君の名は」はいつか映画見るかもしんないしね。

 

次男は「西遊記」とか「三国志」、「ヒックとドラゴン」など、長編の冒険もの(?)が好きなので、「ハリーポッター」も気に入るかもしれない。いいんじゃね?

面白いといいね。

 

 

そして、その夜のことですが....

長男からLINEが来ました。

たくさん本を買い込んだとかで、写真を送ってくれたんです。

似たようなことしてんなぁ...

f:id:black-koshka:20170424073425p:plain

「今日は本をたくさん買ったぜ」

「イェェェェェェイ」

だって。

 

兄弟して本買ってたわけね。ぷぷぷ。

 

 

ん? あれ...?

 

 

 

 

お気づきですか、みなさん...

これですよ、ここ!

 

 

f:id:black-koshka:20170424073414j:plain

 

なにこれ、こわい。

 

これは...

ハリーポッターです... (@_@;)

 

f:id:black-koshka:20170424073422p:plain

 

f:id:black-koshka:20170424233337p:plain

 

 

何も同じ日に同じ本を買っていなくてもいいと思うの。

日本とロシアで。

お前らオカシイ。