読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

彼は掴んだ。

あとは、ロシアからの招待状を待つのみ。 暗雲 春の嵐

40代の本領 2

小学校最後の運動会が、次男の大活躍とともに幕を閉じた数日後。 その余韻もさめやらぬ ある朝、何の前触れもなく、私はぶっ倒れた(大げさ)。 朝 目が覚めると、経験したことのない ひどい めまいなのだ。 いつもの軽いヤツとは比較にならないつらさ。 頭…

留学準備 4月5月まとめ

そ知らぬ顔で日常のことばかり書いておりますが、一応、ロシア留学の応援がテーマでした(笑)ので、4月5月に長男が準備したことをまとめておこうと思います。 具体的なことは、こちらでも触れています。 ・春の嵐(資金のこと) ・スマホはSIMフリーで。…

ちょっぴり サヨナラ

たかだか3キロのジョギングが、最近めっきり つらい。 ずっと続けているのに、 今まで平気だったことがつらくなるって、なんかシャレになんない。 あー嫌になる。落ち込むわ。 体力落ちてんのかな... いやいや、ひょっとして、暑くなってきたせいかもしんな…

近い夢、遠い夢。

晴れ渡った空に、 飛行機が雲を引きながら一直線に飛んでいくのを見たら、なんだか複雑な気持ちになった。 申請もひととおり済んだようだし、長男、本当にロシアに行くんだな... ※ ※ ※ ごく稀にだけど、 飛行機に乗ってロシアに行く夢を、今でもまだ見るこ…

運転免許証で本人確認できなかった話

現在、長男は、留学先で使用するクレジットカードを作成中。 カードに関連して、昨年秋の事件(大げさ)を思い出しました。 本人確認ができない事態におちいったことがあったのです。 なんだか納得がいかなかったので、書いてみます。 *** 本人限定受取郵便 …

探し物はなんですか

『修学旅行でさ、 奈良の大仏見たとき、みんな感動したって言ってたんだけどさ、 実は何にも思わなかったんだよね...』 『え? そうなの? 私は東大寺で涙出そうになったな。』 『やっぱ そう? まあ、すごいけどさ、言うほどじゃないって言うかさ… なんかそ…

息子たちに 申し訳ないと思ったこと。

ゴールデンウイーク。 長男が またもや帰省してきた。 次男大喜び。 こないだ来たばっかりじゃん。 まだ ひと月もたってない。 なーんか、新幹線代がもったいないような。 ※※※ なぜだか、わが家史上初めて、トランプの大貧民(地域によっては大富豪?)が大…

時給労働者の憂鬱 2

ダンナと一緒に、車の定期点検に出かけた。 ディーラーの営業マンとは、ウチが車を買って以来の仲。 私たちがお店に行くと、いつも、気軽に雑談してくれる。 今回も ほどなくテーブルに現れると、さっそく話を振ってきた。 『どうですか?新しい仕事は』 ダ…

はずむ足音

数日前。 いいかげん、連絡してみようかな... と思ったところに電話が来た。 さすが長男、私のイライラのタイミングをよく分かっていらっしゃる。 伊達に18年間 一緒に住んでなかったね。 どうも外を歩いているらしい。 車の通る騒音をバックに意気揚々と…

スタートはまだか。

大学生は自由だ。 大学生は忙しい。 大学生は親に連絡しない。 いや、いいよ、別に。 マメに連絡して欲しい訳じゃない。 ちょっと気になっただけだ。 留学の手続き、どうなってんのかなーって。 いつまでに申請、とかさ こんな書類が必要ですとかね。 ないの…

海外送金についての覚え書き

海外で1年、生活する。 とすれば、生活費はどのように調達すればいいのでしょう…? 現金を手持ちするのは危険だろうから、やはり毎月送金? 海外送金って、どうやるんだろ...? まったく、わからない。 留学の話が出てから調べたことをメモしておきます。 …

桜の夕暮れ

花粉の症状もすっかり落ち着いたので、ジョギングを再開。 今日は始業式だし、キリがいい。 帰省していた長男が大学へ戻ってしまったため、つまらなそうにしている次男を誘う。 いつもの公園でゆっくりと走り始めると、桜の香り。 今日の夕暮れはいい! 人も…

見えない花

春だ。 この時期になると、思い返すこと。 私には、三十代半ばになってから、急に見えるようになった花がある。 それは梅の花。 桜が咲くよりずっと前に、 寒風の中に静かに咲いて、春が近いことを知らせてくれる。 身近に咲く、この静かな花の存在に、私は…

二人の春休み

朝 、窓の外でうぐいすの鳴く声がした。 まだ静かな朝の空気の中に、意外に鋭くひびいている。 時をおいて、また鳴く。 うぐいすの目覚ましとはね、いかにも、春休みという感じ。 我が家で唯一春休みを満喫している次男は、当然、暁を覚えず... もうすぐ長男…

初心者のFAQ

結婚して1年ちょっとの後輩夫婦が遊びに来た。 私の大切な2人。 ところが奥様は、ただならぬ落ち込みよう。 辛そうな顔で、後輩さんは私に何も話してくれないとおっしゃる。 後輩を問い詰めれば、こちらも辛そうな顔で、仕事が辛いことを奥様に話すのは は…

大相撲のススメ 無差別級の面白さをあなたにも

春場所真っ只中。 ダンナさんと大相撲を観るのが、毎晩の楽しみです。 酒がすすんで仕方がない。 世の中の同年代は、あまり相撲に興味がないのでしょうか。 会社でも話が通じないのが、とても残念なのです。 例えば… 国内の柔道の現役選手を ぜーんぶ集めて…

まだ見ぬ少年

3月も半ば。 寒さが和らいでくると、 星空は透明感がなくなってくる。 冬の間、くっきりと際立って輝いていたオリオン座や おおいぬ座も、だんだん輪郭が柔らかくなってきた。 北斗七星が天頂に存在感を増してきたら、もう春だ。 ああ、がっかり。 ずっと冬…

スマホはSIMフリーで。

『海外 スマホ』 で検索すると、出るわ出るわ。 世間での関心の高さがうかがえます。 海外と一口で言っても、私が調べたのは、もちろんロシア。 完全に謎につつまれ まくってます。 海外でのスマホはどうするか。 ざっくり言うと、 短期旅行なら、大手キャリ…

情報戦と真の敵

どうやら長男のロシア留学は、具体的な準備段階に入ったようです。 詳しい手続きは新年度になってからなので、実は現段階では、何一つ確定ではありません。 しかし、暴走気味の私の頭の中では、とっくに試合開始のゴングは鳴っています。 セコンドは、Google…

春の嵐

さて、先送りにしてきたけれど、覚悟を決めて、電話をしなければならない。 さいわい午後は外回り。 2つ向こうの市まで運転する間、少しは まとまった話ができるだろう。 長男はバイト代のほとんどを手付かずで残し、60万円を上回る資金を準備していた。 …

ソクラテスの啓示

近ごろ夜明けが早くなってきた。 朝、カーテンから外をのぞくと、ちょうど東の空がしらんでくるところ。 いつも、写真を撮りたいと思うけれど、iPhone5だと、暗い空の写真はイマイチだ。 あきらめて朝食の準備をする。 あーあ、冬、終わっちゃうな。 冷たい…

次男の野望

まただよ… 今週 テストなのに、 漢字ドリルの範囲、全然終わってないじゃん… カレンダーにマルつけといたのに、みんなで忘れてたら意味ないじゃん。 大失敗。 ドリル消化のペース配分を間違えたらしい次男、ぶつくさ言いながら、漢字を書きなぐる。 さすがに…

時給労働者の憂鬱

子供たちの就職活動が怖い。 ほかにやり方を選べないのが怖い。 評価基準のわからない点取り合戦に、一斉に突っ込んでいく様子。 有無を言わせぬ圧力。 大学生活の4分の1以上の期間と多額の費用を費やして、 自分が他より優れていることをアピールして、 …

劣等感が生み出すもの。

『衝撃的な出会いって、あるじゃない?』 と聞いてみたのは、長男が高3の時だったか… 『いや、人じゃなくてもいいからさ、本とか、音楽とか、映画とか、そういうの。 こう... がーんって来た、みたいなの。』 『……ないね』 うそぉ〜? 何かあるでしょ。 『…

応援の魔力

なんとなく、分かってきた。 自分が、予想以上に がっくりきてしまった理由。 どこからか、バランス崩れてる。 頑張ってるから、 努力してるから、 何とか叶えてやりたい、 手伝ってやりたい、 一番いい結果をあげたい、 そう、思い込み過ぎた… だんだん思い…

暗雲

『奨学金、ダメかもしんない。たぶんダメだね。』 電話の向こうの長男は、割り切ったような声だ。 『えっ、なんで?成績悪かったの?』 『成績はたぶん、大丈夫だけどさ…』 じゃあ なんで。 どうした。 分かるのは、3月じゃなかったか? 奨学金の母体は、JA…

理解者の出現

それは2年前のこと。 受験を乗り越えて大学生となった長男は、 外国語の選択で、ロシア語を選んだ。 第一希望に通らなかったためで、 特にロシアに興味があった訳ではないらしい。 おおっ! マイナーなロシア語の世界へようこそ!! 長男の受験勉強に付き合…

40代の本領

公園で次男とともに ジョギングをしていると、 前方に、外国人らしき女の子3人組を発見。 楽しそうに話をしながら、歩いている。 段々 追い付いて行くと、 おや? ロシア語だ。 昨日の夜、電話でさ〜… ホントに〜?… … って思ったよ〜。 あ〜 今なんて言った…

デビットカードとSIMフリー

とにかく、3月までは動けない。 しかし ひとたび留学の資格を得れば、9月の渡航まで6か月しかない。 大丈夫か? みんな そんなもんなの? 準備したい準備したい、でも無駄になるかも。 無駄にならない準備はないのか? 一年間 海外で暮らすとしたら必要な…

奨学金は天使か悪魔か?

返済不要の奨学金。 支援していただいて、海外で学べるだなんて、夢のようだ。 誰がその権利を得るのか、 大学が決定するのは、例年3月のことらしい。 どんなに勉強しても、貯金しても、 その資格が得られなければ、長男の望む留学は厳しい。 それでも、ま…

理由を述べよ。

そもそも、なぜヤクーツクなのか。 認知度や利便性から考えれば、圧倒的にペテルブルクではないだろうか。 華やかな美術と文化の都を、なぜ避ける? 『ペテルブルクには留学生がたくさんいるんだって。 だからどうしても、日本人どおしで固まっちゃうらしい…

ヤクーツクを探して。

ヤクーツクは ロシア連邦サハ共和国の首都らしい。 ざっくり言うと、ロシア連邦の中でも右の方、極東だ。 北海道の左上の更に上。 どうしよう。 サハ共和国が既にわからない。 完全に、初めまして。 永久凍土 ダイヤモンド マンモス 世界一寒い村、オイミャ…

ロシア留学?

大学2年の長男のロシア留学が現実味をおびてきた。 大学には、海外の大学との間に協定があって、お互いに留学生のやり取りをしているものらしい。 その中の一つ、ロシアのペテルブルク大学に留学したいのだという。 イヤイヤおまえ、資金は? 長男→バイトで…