Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

ロシア留学?

大学2年の長男のロシア留学が現実味をおびてきた。

 

大学には、海外の大学との間に協定があって、お互いに留学生のやり取りをしているものらしい。

その中の一つ、ロシアのペテルブルク大学に留学したいのだという。

 

イヤイヤおまえ、資金は?

長男→バイトで貯める。あと奨学金

 

イヤ、奨学金はもう借りてるんだから、これ以上の借金はダメでしょ。

→返さなくていいヤツがあるらしい。成績良ければ。

 

うーん…

そんなにうまくいくか…?

 

長男曰く、

留学は3年生の9月から1年間。

留学先の授業料は発生しない。

奨学金は月7万ほどもらえるので、これで生活費を賄う。

学生寮があるらしいので、住むところは大丈夫。

 

って、その自信はどこから…?

 

さすが学生様。

旅費や保険、今住んでいるアパートのことなんかには、まるで考えが及ばないのだろう。

諸々の費用、全部貯められるの?

そして肝心のロシア語は…?

 

 

 

でも、せっかくやりたいことを見つけたのなら、応援はしてやりたい。

留学のチャンスなんて、学生時代限定だ。

奨学金がもらえなくて留学がかなわなくても、夏休みにロシア旅行をする費用ぐらいは貯められるだろう。

 

私は思い出さずにはいられない。

自分もモスクワに留学したくてがんばったけれど、挫折してしまったことを。

 

変なところが似るものだな…。

 

 

 

大学1年の半ば、

◯費用を自分で貯めること。

◯ロシア語検定を受けること。

奨学金(返済不要の給付型)を得ること。

を条件に、本気で留学を目指すことを確認。

私たちは気持ちの準備に入った。

 

 

 

 

ロシア留学

って、ググってもググっても、とにかく情報が少ない。

斡旋ではなく、体験談が欲しい。

 

現地の物価は? 治安は?

お金ってどうやって送るんだ?

奨学金の詳細は?

スマホって使えんのかな。

どんぐらい寒いんだろ。

 

 

 

 

長男は2年に進級。

 

ロシア語検定の3級に合格。

バイトに励み、着々と貯金。

留学先はペテルブルク大学ではなく、北東連邦大学に希望を出すことを決意。

 

 

はいはい、北東連邦大学に変更ね。

えーと、ヤクーツクか。

ヤクーツクって、どこ…??