読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

劣等感が生み出すもの。

『衝撃的な出会いって、あるじゃない?』

 

と聞いてみたのは、長男が高3の時だったか…

 

『いや、人じゃなくてもいいからさ、本とか、音楽とか、映画とか、そういうの。

こう... がーんって来た、みたいなの。』

 

『……ないね』

 

うそぉ〜?

何かあるでしょ。

 

『全然?』

 

『ない...と思うけど』

 

『...』

 

                                             

 

『やりたいことが、見つからない。』

 

『じゃあ、大学行っとけば。

将来の選択肢が広がるし、何か面白いことが見つかるかもしれないし。

今見つけなくてもいいんだよ。』

 

                                             

 

『お父さんおすすめの

ライフイズビューティフル と ニューシネマパラダイス 観たぞ。

知らないうちに涙出た。』

 

『うんうん、でしょ? あの音楽が、またさぁ~』

 

『そう、それ! あと おすすめ はないの?』

 

                                             

 

『いいかげん彼女できないの?』

 

『できない』

 

『あ、彼氏とか?』

 

『いない。つーか、別にいらない。めんどうじゃね?』

 

なんという省エネ。聖職者か。

 

                                             

 

『授業がつまらない。教科書読むだけなら、家でできるんだけど。

 

あれであの授業料は酷くね?』

 

                                             

 

『バイトがすげー楽しい。大変だけど、面白い。』

 

                                             

 

『ロシア語できたらさ、就職有利だと思う?』

 

『旅行会社とか、商品やり取りしてる会社とか、探してみれば?』

 

                                             

 

 

あなたは留学を見つけたんですよね。

全力で正しい応援をしてみせましょう。

 

子供の成長は早い...

大人の成長は遅い。

 

時々、経験値を振りかざして、進路妨害してくるぞ。

気をつけろ、子供!

 

夢中になれるといいね。

楽しいといいね。

あなたのアイデンティティに衝撃あれ!