読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

スタートはまだか。

留学準備 経緯

大学生は自由だ。

大学生は忙しい。

 

大学生は親に連絡しない。

 

 

 

 

 

いや、いいよ、別に。

マメに連絡して欲しい訳じゃない。

 

ちょっと気になっただけだ。

留学の手続き、どうなってんのかなーって。

 

いつまでに申請、とかさ

こんな書類が必要ですとかね。

ないのかなー。

 

 

 

おおかた、バイトで忙しいのでしょう。そうに違いない。

もうちょっと待ちますよ。うん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 春休みに帰って来た時、

2月に、奨学金がもらえなそうだと連絡をもらった時のことを聞いて見た。

  (→   暗雲 - Road to ヤクーツク

 

去年は本当に、大学への奨学金の給付自体がなかったらしい。

「教官みんな、今年も ないって思ってたらしいよ。そしたら行けなかったよね。」

なぜそうだったのかは、わからないけれど、今年は給付がある。

まだ何も始まってないけど、申請前から明るい顔をしている。

ありがたいことだ。ミラクルだ。

よかったね。

  

 

春休みと言っても、ほんの数日の帰省。

こちらは仕事をしている訳だし、むこうは友達と出かける訳だし、

次男とは遊ばなきゃいけないし、それほどのんびり話をする暇なぞない。

 

夕飯の準備をしながら、なんとか話をする。

今から準備できることは何か。

大学に戻ったらすぐにすることは、二つ。

 

 

一つ目は、新しく銀行口座を開設すること。

銀行へ行って口座をつくり、通帳とキャッシュカードが手元に届いたら、インターネットバンキングを申し込み、さらにクレジットカードとVISAデビットカードを申し込む。

 

長男の使っている地方銀行奨学金を受け取っても、それを直接ロシアに送ることは難しい。この地銀の支店はこちらの県にはない。めんどうすぎる。

ロシアで使うカードと直結し、なおかつ奨学金を直接受け取れる口座が欲しい。

ネット銀行がベストなんだけど、どうやら奨学金受け取りにネット銀行は指定できないらしい。これは改善してほしいところ。

ATM手数料や支店の所在、カードの取り扱い等を検討した結果、三菱東京UFJ銀行へGO!

 

 

二つ目は、歯医者に行くこと。

留学先で医者の世話になる、って結構不安。

留学用の保険には絶対に加入するとしても、歯医者に限ってはカバーされないらしい。

これも、行動しておいて損はない。

歯医者によっては予約が取りにくいかもしれないし、治療となれば、すぐに終わるとは限らない。

なので、すぐさま歯医者へGO!

 

 

二つ....  やったかな。

絶対やってないな。授業もバイトも忙しいだろうしな...

大変だろうけど、全部自力でやってなんぼですから。

国内でつまづくヤツにはお付き合いできませんから。

がんばれ長男。

 

 

 

できればもう少しインターネットを活用してもらいたい。

なんというか、

希望ばかりが先行して、具体的なことは全く想像できていないように見えたから。

 

でも、私はマズイことに気が付いてしまった。

本気でヤクーツクを調べたら、たぶんこのブログ、見つかる...

 

見つかるほど調べてくれれば頼もしいが、読まれるのは、こっ恥ずかしい。

だって、知り合いとか身内が見るって、想定してないし!

 

一応ダンナにだけは、ことわりをいれたけど。書くかもしれないから。

次男、人がPCをいじっている時に、「ヤクーツクって?」って聞いてくるのはやめてほしい。

お前、仮面ライダー見てたんじゃないのかよ? 後ろからとは卑怯なり。

 

どうしたもんか。

我ながら、安易なタイトルをつけてしまったものだ...

 

長男よ、もし気が付いても、私をそっとしておいて下さい。

この件に関しては、一切の言及はお控え下さい。

でも気が付いたことだけは お知らせ下さい。 

そうだな、LINEで一言、『はてな』でお願いします。