読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

運転免許証で本人確認できなかった話

 

 

現在、長男は、留学先で使用するクレジットカードを作成中。

 

カードに関連して、昨年秋の事件(大げさ)を思い出しました。

本人確認ができない事態におちいったことがあったのです。

なんだか納得がいかなかったので、書いてみます。

 

 

 

*** 本人限定受取郵便 ***

郵便局の本人限定受取郵便をご存じでしょうか。

郵便物を本人に確実に届けるサービスですね。

郵便局まで取りに行く、あれです。

 

HPによれば、本人限定郵便には3種類あるようです。

(詳細→本人限定受取 - 日本郵便

・基本型

・特例型(特)

・特定事項伝達型(特伝)

私が受け取れなかったのは、このうちの特伝型

 

特伝型は、郵便局(配達人)が受取人の本人確認をします。

本人と確認してから郵便物を手渡し、その後、郵便物の差出人にその旨を通知するしくみのようです。

そのため、銀行関係の郵便に使われることが多いとか。

 

 

まず、自宅に 本人確認が必要な郵便物を配達したい旨を知らせる通知書が届きました。

郵便局に電話して、自宅に配達してもらうか、郵便局で受け取るかを選択します。

 

自宅配達の場合は、配達指定の時間帯が2時間きざみになるので、けっこう拘束されてしまいます。

郵便局で受け取りたい旨を伝えると、最寄りの局ではなく、大きな郵便局での対応になることを伝えられました。

またこの時、本人確認に使う書類の確認をされたので、免許証と答えました。

 

準備するものは、本人確認書類と、印鑑と、あらかじめ受け取っていた到着通知書です。

いざ窓口へ。

さくっと免許証を提示すると...

『住所が違うので、郵便物はお渡しできません』

『・・・?』

ここからが面倒でした。

 

 

 

*** 住所は合っている ***

郵便物に記載されている私宛の住所は間違いなく、現住所。

免許証に記載されている住所も、現住所。

 

どういうことかと言いますと...

 

郵便物  〇市〇町一丁目1番 〇ハイツ1ー1

免許証  〇市〇町1-1   〇ハイツ1-1

 

だった。

 

『一字一句同じでないと、本人であるとは認められません』

ああ、そうなんですか.... 

えーと...

それは...どうなんだろう...?

 

その郵便物は、インターネットバンキングに使用するパスワードに関するものでした。

私は口座開設時、正確な住所を記載して登録していました。

正確というのは、住民票どおり、ということです。

 

『わかりました。住民票を持って、また来ますので』

『いえ、住民票には顔写真がついていないので、本人確認資料としてはお使いいただけません』

 

住民票と免許証を両方提示すれば あるいは…と思いましたが、あえなく却下。

 

....これ、詰んだ?

 

住民票と全く同じ住所で、顔写真がついている身分証明書を、私は持っていません。

いやいや、それはふつう免許証でしょ?

その住所でその顔の人は私しかいない。

 

郵便局のお姉さん、とても困っている。

うん、わかる、あなたは悪くない。

そういう決まりなんですよね。

 

ここで粘っても、解決しなそうだ。

銀行のコールセンターに相談するしかないな…。

私は諦めて帰宅しました。

 

 

 

*** コールセンターに相談 ***

さっそくコールセンターに電話。

電話でも本人確認が必要です。

住所と電話番号を伝えます。

 

『ご本人様と確認致しました』

 

って、その住所でいいんじゃん!

電話はOKで、郵便はNGってさ…

 

口座を作る時、免許証のコピーも出した記憶がある。

書類に書いた住所と免許証の住所は合っていると判断されたからこそ、口座作れたんだろうに…

 

相談しても、なかなか解決策は見つからず。

そりゃそうだ。

私が受け取れるように住所を書いてくれ、って訳にはいかないだろう。

 

相談中にさらに気が付く。

郵便物に記載された私の住所は、若干間違っている。

住民票  〇市〇町一丁目1番 〇ハイツ1階1号

郵便物  〇市〇町一丁目1番 〇ハイツ1-1

免許証  〇市〇町1-1   〇ハイツ1-1

 

 

何だかもう、わかんなくなって来た。

私はご丁寧に住民票どおりに書いてしまったし、

宛名を書いた人は間違えているし、

免許証は略されてるし。

 

これは....誰が悪いの....???

つーか、郵便物はどうなるの…?

 

 

 

*** 結局受け取れない ***

郵便物を送り直してもらったとしても、特伝型を使う限り、本人確認でひっかかります。

コールセンターのお姉さんは、一所懸命に対応してくれましたが、制度としては正常に機能しているため、どうすることもできません。

 

お姉さんと私は、最終的には諦めました。

『大変申し訳ございませんが、窓口へお願いできませんでしょうか…?』

『それしかなさそうですね…。』

 

後日 銀行の窓口へ出向きました。

新しいパスワードは、ものの5分で発行。

でもこれがカードの受け取りとかだったら、窓口で発行してくれるんでしょうか?

 

ちなみにこれはネットがメインの銀行です。

たまたま車で行ける範囲に窓口があったのです。

セブン銀行とか楽天銀行だったら、窓口に行けないよ! 

その場合、銀行に登録してある住所を変更するしかないのでしょうか。

でもその時本人確認に使うのは免許証しかない訳で...

 

 

 

本人確認の目的ってなによ?

本人確認も正確な配達も大事なことはわかる。

だけど、目的と運用のルールが噛み合ってない。

 

銀行も郵便局も、確実に私に届くように仕事をしてくれたのですが、結局私には届きませんでした。

というか、銀行と郵便局の求める『私』は、いませんでした。

 

完全に振り回されて、変なところに着地しちゃった感...

なんだコレ...

 

 

 

教訓

後々 特伝型の本人限定郵便を受け取るかもしれない重要な書類には、初めから免許証と完全に一致する住所を記入する

 

 

いや、それもおかしいですけどね。

 

 

 

皆様も特伝型にはお気をつけ下さい。