読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

留学準備 4月5月まとめ

留学準備 経緯

そ知らぬ顔で日常のことばかり書いておりますが、一応、ロシア留学の応援がテーマでした(笑)ので、4月5月に長男が準備したことをまとめておこうと思います。

 

具体的なことは、こちらでも触れています。

春の嵐(資金のこと)

スマホはSIMフリーで。(スマホのこと) 

海外送金についての覚え書き(カードのこと) 

はずむ足音 (申請書類のこと)

 

長男は現在大学3年生です。

大学の交換留学(協定留学)の制度を利用して、9月からロシアのヤクーツクにある、北東連邦大学への留学を目指しています。

以下、長男への聞き取り調査より。

 

 

 

留学先の大学への申し込みを済ませました

4月に先方の大学のHPで必要書類を確認後、準備開始。

5月初旬に学内の〆切があり、書類を担当教官へ提出。

教官にチェックして頂き、そのままネット経由で先方の大学へ申請。

申請後、先方の大学から教官あてにメールがあり、書類に不備がなければ6月末に招待状を送付するとのこと。

 

この招待状を使って留学ビザを取得する訳ですが、申請からまるまる2ヶ月待つことになります。(今ココです)

 

先方に書類が届いたとはいえ、これで確実に留学生の資格を得たと言えるのか…?

少したってから、やっぱりあんたはダメってなったりしないよね⁉︎

招待状が来なかったら…?

 

長男も同じように感じているらしく、なんとも不安です。

先に合格とか何とか言って下さ〜い(泣)

 

ちなみに、留学先の大学によっては、教官を通さずに全部自力でやり取りする所もあるようです。

大学ごとの取り決めによるのでしょう。

 

 

奨学金の申し込みを済ませました

大学の交換留学制度を使うと、返済不要の奨学金に申し込むことができます。

給付される金額は、国や地域によって異なりますが、およそ、ひと月の生活費に相当する額のようです。ヤクーツクの場合、7万円と聞いています。

我が家はこの奨学金ありきでの留学希望です(もらえなかったら行けない)。

これも5月初旬に学内の〆切があり、祈る思いで申し込みました。

 

教官によれば、今年の希望者数は、募集人数に達していないので、希望者の全員が奨学金をもらえるでしょう、とのこと。

 

たぶん、大丈夫。

たぶん…

 

これも、あんた合格ね、とかなくて、現在次のアナウンスを待っている状態。

おそらく、振込口座やら留学期間やらを申告するための書類が来るのだと思います。

 

せめて、留学先の大学への申請前に、自分が奨学金をもらえるかどうか、確定しているといいんですけどね…

今年度も奨学金の募集があることは昨年度中に確認しました。

成績の方も基準に達するよう努力し、競争になった場合に絶対に負けないように準備はしてきましたが、結局は見切り発車になってしまうのです。

 

 

それにしても、です。

長男のクラスでの留学希望者数名のうち、

奨学金がなければ行けない、というのは、我が家だけらしい…

 

奨学金頼りの我が家がオカシイのは、自覚しております。

 

情けなく、恥ずかしいと思うのですが、それ以上に、世の中のお父さんお母さんを尊敬してしまいます…

 

 

クレジットカードを作りました

三菱東京UFJ銀行で口座を作り、VISAデビットカードを作りました。

VISAデビットカードは、審査がないので、学生でも問題なく作ることができます。

 

続いてクレジットカードを作ろうとしたのですが、ここで私がミス!

『学生でも作れる』を、『学生用』と勘違い。

三菱東京UFJ銀行のカード、長男は審査に落ちてしまいました…

 

一つの口座で全てを管理したかったのに、これではこの銀行に口座を作った意味がない…

 

一応めげずに代替案を探すことしばし。

すると、救いの神はいました!

三井住友銀行です!

 

CMでもおなじみ、三井住友銀行のカードは、学生用があります。

そしてなんと、三菱東京UFJ銀行の口座を登録してそこから引き落としができるんです。助かりました!

他にも引き落としOKの銀行がありました(ゆうちょ銀行とか)。

新たに口座を作らなくてもカードが作れるのはありがたいですね。

 

三井住友銀行のHPで申込みをしてから、待つこと3週間。VISAカードマスターカードが届きました(2種類作った)。

ちなみに、バイトの年収、卒業年が人より1年遅くなることなど、バカ正直に入力しましたが、大丈夫でした。

 

これでカードはOK!

と思ったら、長男から『現地で盗まれたらどうしよう?』と、もっともな意見が。

 

急遽、学生専用のライフカードで、もう一組VISAカードマスターカードを作りました。

こちらは、すぐに確認の電話が来て、10日ほどで届きました。

 

   

留学保険について調べています

クレジットカードについて調べた際、カード付帯の海外旅行保険の存在を知りました。

カードに自動でついてくるので、新たに保険を契約する必要がなく、金銭面でかなりの節約になります。

内容も充実しているので使いたかったのですが、保険期間が短いため、一年間の留学には足りません。

非常に残念。

短期留学や旅行にはいいかもしれません。

 

現在、大手保険会社を検討しています。

保険に入っていれば、もし病院のお世話になっても、うまく手続きすることで、お金を払わなくて済むってご存知でした?

これも国や地域によりますが、保険会社と提携している病院にかかると、キャッシュレスが成立するようです。すげー。

ただし、大都市限定と思っていいでしょう。

ヤクーツクではキャッシュレスは無理かな…

 

とにかく海外では、国内のように健康保険がききませんから、数日の治療でも驚くほどの請求を受けることになります。

うっかりケガやら入院やらしようもんなら100万超もありえます。

 

一年間留学する場合、留学保険の保険料は20万円前後。

初めはあまりの高額にびっくりしたのですが、もしものことを考えれば、妥当と言わざるをえません。

 

 

歯医者に通っています

これ結構大事かと。

留学先で病院のお世話にならないように、今のうち。

 

 

飛行機のチケット予約の準備をしています。

もう?と思ってしまうのですが、もう手配しなければいけません。

直前では空席があるかどうかわからないし、値段も高くなるし。

 

新潟空港発で、ヤクーツクへの直通便があるようですが、時刻表がすぐには出てこないという…

マイナーですからね…

 

代理店を通して、高いけれども確実に手配するか、安さを目指して自力で頑張るか…

悩むところです。

 

私もぼちぼち調べてはいましたが、長男も生協や教官に聞くなどしてよく調べているようです。

今のところ候補にあがっているのは、成田発もしくは新潟発で、ウラジオストックを経由してヤクーツクへ飛ぶルート、片道8万くらいの便とのこと。

思ったよりも具体的に調べているようなので、ここは長男にお任せしようと思います。

 

 

とにかくお金を貯めています

長男、毎日のようにバイトに励んでいます。

これから買うものもあるでしょうし、とにかく貯めてくれ。

私たちは一切出さないことになっています(そうは言っても何かはあるかもしれないが、建前上)。

授業との両立は大変だろうが、がんばって。

 

 

 

 

 

以上、4月5月編でした。

 

これからも現在進行形で書いていくつもりです。

現在検討中のものは、最終的にどうしたのか書きたいと思います。

そして更に、長男がロシアで生活をはじめたら、色んな準備が正解だったかどうかも評価できるかもしれない。

それもお知らせできたらいいなと思います。