読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

プログレッシブ ・ ハイウェイ

 

私はフツーの事務員。

仕事相手は主に書類とお役所だ。

 

本日のミッションは、隣県 S市役所へ出向き、4つの課を回って、5種類の書類を申請し、交付を受けること。

 

隣県S市。

片道2時間は かからないか。1時間40分くらい?

 

 

来た。

来た来た。

こういうの大好き。

 

 

 

書類準備よーし、

身分証と印鑑よーし、

ナビ目的地設定よーし、

 

さあ出かけよう。

車のエンジンをかければ、私は走るオーディオルームに一人きりだ!!!

 

 

※ ※

 

 

私はプログレが好きなのです。

プログレッシブ・ロック

ああ、ご存じなくても大丈夫です。

かなりマイナーですから。 

 

プログレファンというのは、なかなかのコダワリと実力?をお持ちの方が多い(偏見です)。

私はせいぜい「他のジャンルも聴くけど、偏愛するアルバムが全てプログレ」というレベルの、小さなファンである。

 

プログレというヤツは、曲が まあ長い。

そして、聞いている最中は、絶対に邪魔されたくない。

恐ろしく格好いい クラシックとでも思って頂ければいいかもしれない。

日常生活でじっくり聞くことは、非常に困難なので、私はいつも移動の車中で聞いている。

 

本日の移動時間は4時間近くに及ぶだろう。

つまりその間、何の邪魔もなく、アルバムを丸ごと聞き通せる、ということだ。

 

ああ嘘みたい。

こんな幸せがあっていいのでしょうか!?

 

 

 

 

 

平日の高速道路はすいていて とても走りやすい。

いつも私の眼を苦しめる過激な日差しもない絶好の曇天。

 

音量は少し大きめに。

雑念を払う変拍子と、鼓動に突き刺さるドラム。

溢れる狂気と破壊。

迫りくる旋律がこの上もなく美しい。

圧倒的に展開する世界。

いつものことだが、本当に素晴らしくて泣きそうだ。

 

一直線に伸びる高速道路を、まるで景色を切り割るように走って行く。

時おり 雲間から日が差すと、山々の緑が瑞々しく映えて、思わずニンマリ。

いいね!

トンネルを抜ければ、今度は柔らかい霧雨がフロントガラスを濡らす。

ワイパーで一気に吹き飛ばすと、なんて気持ちがいいんだろう!!

どうよ! この疾走感!!!

 

 

 

もお最高

 

プログレと高速の組み合わせ最強

 

 

 

 

時間があっと言う間に過ぎて行く。

隣県って、なんて近いのだろう。

これがアメリカだったら、隣の州までもっと楽しめるだろうに!

(それを言うならロシアだろ)

 

 

プログレの素晴らしさについては、とても言い尽くせないので語りませんが、興味のある方は、ググってみて下さいね。

こちらの世界には王やら神やらがいらっしゃっいますので、まずは有名どころから。

ぜひぜひ錯乱の扉を開けて、ダークサイドへお出でませ。 

 

 

※ ※

 

 

目的地では、滞在時間2時間。

うち半分は、待ち時間。

お役所に待ち時間は付き物だ。

その間、はてなサーフィンを楽しむというオマケ付き。 

 

まるでご褒美のような一日だった。

これで時給もらっていいんでしょうか。

 

ああ、私の人生にプログレがあって本当に良かった...

 

 

 

所長、また遠くの お仕事とってきて下さいね。