Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

感謝



昼間、一度ハバロフスクからメールがありました。

どこかで電波をつかまえたようです。

こちらからのメールは既読にならない。

なんてつれない電波でしょうか。


今夜これから、ハバロフスクを発ちヤクーツクへ。

明日になれば、きっと到着の知らせをくれることでしょう。




みなさんからの応援に、なんとお礼を申し上げればよいのでしょうか。


おかげで、職場ではせっかく我慢した涙が、外回りの車の中で溢れてしまいました。


みなさんに感謝しています。

私は常に、追い風に背中を押されている気分です。

本当にありがとう。

ありがとうございます。





広告を非表示にする