Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

雪の音を懐かしむ

 

布団に入ってうとうとしかけたところで、窓がカタカタ音をたてた。

 

おや、少し風が出てきたみたいだ。

木がざわざわと音をたてるのが聞こえるような…

 

目をつぶったまま、

朝方冷え込むだろうか、毛布だけで足りるだろうか…ぼんやりと考える。

眠りに落ちそうだけれど、頭のどこかが少しだけ起きている。

 

窓がカタカタいっている。

 

窓ガラスに雪の粒がぶつかる音がする。

さらさら、さらさら。

 

いや、雪はふってないだろ、風だ、風。

 

あの さらさら いう音は、冬の一番寒い時期の音だな。

そうだ、子供の頃、布団に入ると窓の外からよく聞こえていた。

ずいぶんとまた昔のことを思い出したもんだな…

 

 

 

 

奥羽の山々から吹き下ろす風がごうごうと音をたてる夜。

昼間降った柔らかい雪が狂ったように風に巻き上げられる。

風にのった雪は、もはや氷の粒だ。縦横無尽に吹きまわり、家々に吹き付ける。

目も開けられず息もできないような暴風。

防風林の木々は枝が折れそうなほどにしなり、風に耐えている。

 

ストーブのない寝室に入ると、空気は刺すように冷たい。

窓ガラスはすっかり凍みついて真っ白になり、人差し指で触るとそこだけじんわりと溶けて、指の跡が残る。

いそいで布団にもぐりこむと、じっと体が温まるのを待つ。

風の音がおそろしい。

明日の朝はひどい吹き溜まりができているだろう。

 

家全体が軋む。

ごうごう、空が唸っている。

さらさら、雪が打ちつける。

 

 

 

 

寝入りばな、ぼんやりと思い出した冬の風景。そのまま夢を見たような気もするが、どうだっただろう。

朝起きた後も あの音がなんとなく耳に残っていて、2〜3日の間、懐かしい思いをした。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする