Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

魅入られる

 

 

夕方五時、隣町からの帰り道。

市内に入ると途端に車が混みだした。

 

今日の 月の出 はそろそろじゃなかったか。

満月のはずだ。

赤信号のたびに空を見上げながら車を走らせる。

 

 

 

東の空ごく低く

ふいにビルの間に見えた月

 

思わず息が止まった。

 

 

 

 

夕空に悠然と姿を現した月は異形

怖いぐらいに大きく

不安をかきたてるかのように美しく

 

その気高い姿に 魅入られてしまう。

 

 

 

 

今日はとうとう車を止めてしまった。

水辺の公園の駐車場で

ささやかな土手をかけのぼってみたが、月はまだ建物の影だ。

 

 

昇ってくるのを待つ時間はないが、ここで少し頭を冷やした方がいい。

あまりの美しさにどこかが痺れていたから。

 

 

 

 

 

f:id:black-koshka:20170112193509j:plain

空が暮れて行く。

木も鳥も人も黒い影になって行く。

 

夕空はなんて刹那的なのだろうか。

じわじわと濃さを増していく空。

宇宙が降りてくる気配。

 

 

この美しさをとどめておけないことが、つらくて苦しい。

美しくて苦しい。

 

 

f:id:black-koshka:20170112193500j:plain

 

 

 

 

神様、どうか私の死は

真冬の黄昏時に与えて下さい。