Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

外気温15℃

 

 

仕事中

運転しながら音楽を聴いている。

 

春の陽気の昨日は

車の中まであたたかな陽射しが届いて、

いつものお気に入りの曲もじーんと沁みて、

なんだかとても淋しかった。

 

 

 

 

 

 

「子どもたちが おじいちゃんになったところって、俺たちは見れないんだよね」

 

「何を今更。」

 

「な〜んか最近よく思うんだよな」

 

「なんのフラグだよ。つーか、それはお義父さんとお義母さんだって同じじゃないの。あなたのことをそう思ってくれてるんじゃないの」

 

「いやそれはない」

 

「なんでよ!」

 

「え〜そうなのかなぁ」

 

「そうだろうよ」

 

 

 

 

 

 

音楽というのは不思議なもので、

何度も聞いているはずなのに、

そのたびに感情が湧きあがって来る。

 

思いもよらぬ記憶が引き出されたり、

ぴったりくる言葉が見つかったり、

なんだか身体がみずみずしくなるのだ。

 

で、淋しくもなるのだ。

 

 

 

 

まだ真冬だというのに、春っぽいのがいけない。

春はどうにも淋しいものだ。

それにやさしく歌う奴らがいけない。

いちいち琴線に触れやがる。

 

 

 

 

 

仕事中なのに、非常に困る。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする