Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

2月つれづれ

 

2月もとても忙しかった。

 

鬱憤がたまっていたのだと思う。

いつの間にかふだんと違う行動をとっていて、さらに忙しい状態を作り出してしまった。

 

昼休みにむりやり図書館に行った。

炊事の時間を削ってレンタル屋に走って行った。

返しに行く時間あんのか。期限までに消化できんのか。

だって、自分の時間を濃くしないとバランスとれないんだもの。

 

のんびりはできなかったけど、気分は上々。

でも欲張りすぎて飽和状態。

 

f:id:black-koshka:20170218161603j:plain f:id:black-koshka:20170218161552j:plain

f:id:black-koshka:20170228131232j:plain   f:id:black-koshka:20170218161542j:plain

 

 

iphoneの中に増やしたアルバムの一部 ↓

 

f:id:black-koshka:20170218161539p:plain

 

おかげで書きたいことがたくさんできたけれど、一度には無理だな。

気が付いたのだけど、「考えていること」よりも「好きなこと」について書く方が、自分の頭の中をさらけだす感覚があって楽しいかもしれない。

 

 

 

 

 

俳句について。

2月初めから recoca師匠(id:recoca1940)が連続で投稿されている「俳句考」。

recoca師匠、素晴らしい記事を本当にありがとうございます。

 

余分な表現はすべて削ぎ落とす

削ぎ落とされた風景や感情は余白に宿っている

感動を説明しない

説明されなかった感動が余白から立ち現われてくる

五七五でリズムを奏でる

季語には情趣が濃縮されている

引き算の美学

 

感動のオンパレードだ。

「ことば」の持つ潜在的な力とは、ここまですごいのか。

まったくすげえ。なんの魔法だ。

俳句を詠む面白さをはるかに超えて、「俳句の奥深さ」に圧倒される思いがしている。

 

 

 

ジャズ または フュージョンについて。

ずっと興味はあったが、なかなか入り方が分からなかった分野。

オレンジさん(id:mata1)におススメを教えていただいた。

オレンジさん、ありがとう(^^)

実は今までも自分なりに調べて何度かトライしているのだが、今一つピンと来ていない。耳がロックに慣れているので、ゆったりしたジャズが冗長に感じてしまうのだ。

でも 例えば EL&P のアルバム 「Brain Salad Surgery」 収録の 「Karn Evil 9」なんかを聞いていると、これはジャズなんじゃないかと思えるところがある。カッコいい。きっとロック寄りのジャズならいけるだろうと踏んでいた。

Bill Evance と Mike Stern を教えてもらい、早速ネットでレンタル。

Bill Evance 、いつまでも聴いていられる感じに驚く。少しずつ旋律が頭に入ってくるのは心地いい。実際に聞いていなくても曲が頭の中で鳴るようだったら、一生もの。ニンマリ。

さて次は Mike Stern を...と思ったら、オレンジさん、やってくれましたね。

 

f:id:black-koshka:20170228083420p:plain    f:id:black-koshka:20170228180718p:plain

 

次のおすすめ Frank Gambale 、

You tube でほんの数秒聞き、即買い。

レンタルにはなかったため、初めて iTunes からダウンロードで購入。

これ、分かります! ロック側から理解できます!!!

しばらくこればっかり聴くことになるでしょう...

幸せだ...

 

 

 

 

 

 

f:id:black-koshka:20170228180435j:plain

 

今日の夕空。

ぼけると分かっていても、色が気になってどうしても撮ってしまう。

真冬に比べると、だいぶ藍色が薄くなってきた。

もう冬も終わる。

 

 

 

 

広告を非表示にする