Road to ヤクーツク

ロシア留学 応援します

転機

 

私の最大のコンプレックス。

それは自分がパート勤めだということ。

私は結婚と出産が早かったので、実は正社員として働いたことがただの一度もない。

それが、超コンプレックス。

 

black-koshka.hatenablog.com

 

 

 

 

今の職場は勤めてもう10年になり、とてもよくしていただいているため不満は全くない。

でも子供2人育てるのに、今のままの収入だと厳しいのが実情。

パートの他にバイトもしているが、そうそう収入は増えるもんじゃない。

ずっと、正社員になるべきだと思い続けてきた。

 

我が家は核家族で、私の実家も旦那の実家も県外だ。

これまでは子どもに合わせて、夕方には帰宅できる仕事、休みを取りやすい働き方を選んできた。しかしやっと次男も小学校を卒業。

転職するべきだ。

40代前半。もう厳しいのは十分わかっているが、最後のチャンスだと思う。

 

春。新入生や新社会人が溢れる中、

遅まきながら私にも転機がやってきました。

 

 

 

 

 

実際に仕事を辞めるとなると、言い出すのが本当に大変なもので...

さすがに3月の確定申告のくそ忙しい時にそんな爆弾はぶっこめなかった。

落ち着いたら言おう。所長が社内にいる時。

今日はいない。明日も無理そう。

ああ、勤続10年のお祝いを頂いてしまった。

なんてことだ、めっちゃ言いにくい。

いや、でもこのままじゃダメだ。

子供にも両親にも、何にもしてあげられる余力がない。

自分には力がない。もうイヤなんだもの。

ダンナにばかり重圧がかかるのも、もうイヤだ。

 

すごくお世話になったけど。

ほんとはもっとここで働きたいけど。

ここで、少しは役にたってると思うんだけど。

どうか許して下さい。

 

 

 

 

 

3時の休憩の後、専務が出かけるらしい。

専務「ハローワーク行ってくるね」

私「え?なんでハローワーク?」

専務「今度求人出すことになったの」

私「えーーっ!! ま、待って...」

専務「ん??どした?」

私「ちょ、ちょっと、待って、待って!あの、それ、私、私が...」

専務「え?志月さん?え?あー!え?いいの?」

私「いいの!はい!まだ所長に言ってないけど!ぜひ!!だめですかーっ?」

専務「いや、いいんじゃん?ぜひお願いします。」

私「はい喜んでーーっ(T_T)!!」

 

翌日。

所長「じゃ、来週からね」

 

 

 

 

 

 

 

なんか私、

ふわっと正社員になったっぽい。

 

f:id:black-koshka:20170406083736p:plain